スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
2017年 2月末から入院してました
こんにちは!Lizです

父が入院しました(;^ω^)
救急車で運ばれました

私も主人もいたのですが
その日は私の通院デーなのでどうしても無理

どうしても無理っていう言い方はおかしいけど
父は病院の先生に
「何かあったら救急車で来てください」言われていたそうだ

なので 救急搬送
その時は
「血を吐いた」「胃の下のあたりが痛い」とのことだった

入院するかどうかもわからないし
とりあえず
「血を吐いた」ってことで行ったらしい

わたしは
自分の診察を受けに別の病院に向かう

朝11時ごろ母から電話
(メールはできない)
「入院することになった。まだ検査してる(胃カメラ CT)
 昼過ぎでいいから迎えに来て 入院セットもってきて」とのこと

私は診察前でそんなに話すこともできなかったんだけどね

゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+
私の診察が終わった後
買い物をしてから 家にいったんよって
入院セットを作って 病院に向かう

父のいる病院の駐車場から母に電話をして一緒に病室に向かう

窓辺の病室で 明るく 暖かい場所だった
父は ベッドに横たわっていて
点滴を受けていた
「ビーフリード輸液(500mL)
ビタミンB1・ブドウ糖・電解質・アミノ酸 」という点滴だった

この薬の作用と効果

「ビタミンB1、ブドウ糖、電解質、アミノ酸を配合した輸液で、
食事が十分にできない、または血液中の蛋白濃度が低いなど
栄養状態が軽度に低下している、あるいは手術前後の患者に、これら栄養成分を補給」とのこと

3日くらい絶食らしい

病名は「十二指腸潰瘍」とのこと
なんやかんやで
十二指腸をいためたっぽい

焼くこともクリップするまでもなく
安静にして点滴で治すという治療になり

12日間入院していました
最初に3日くらいは
点滴のみだったようです

4日目くらいからは
三分がゆ 五分がゆと進んでいったもよう

12日目に退院だから早いほうかな

最近新たに肺がんが見つかって
薬を変えて2か月くらいだったと思う
その薬が合わなかったのは

呼吸器内科の担当医も見に来てくれていた
3月に抗がん剤はしなくて
4月以降になる予定

この12日の間
毎日面会に行きました
ええ
車運転しました
大変でした

とりあえず
退院できたんだけど

のどの調子が悪いらしく
また声が出にくくなってるなぁ
大丈夫かな?と
ちょっとだけ心配しておく

入院前に 高齢者講習にも行けて
免許の更新はできていたから
そこはよかったねーって
思ってしまったよ
退院してすぐとか無理だったかもしれないし
高齢者講習ってなかなか予約とれないらしいからね

そんなこんなで
入院したり退院したり
忙しい3月初めでした


ざっくりと書いてみましたが
とても忙しかったです
(´∀`*)ノシ





よろしければ
読みました~という意思表示で
下のボタンを押していただけると
何人来たかわかるので ちょっとうれしいです

よろしくお願いします
↓  ↓


スポンサーサイト
[2017/03/20 20:03] | 肺の話 | page top
2017 再びくるもの
こんにちは!Lizです

しばらく放置していましたが元気です
兄上様からの年賀状は
いつも 兄様の名前しか書いていないんだけど
今回家族の名前が書いてあったのに
長女の名前がなくって焦りました

年賀状は毎年来てるから
不幸があったとも思えず
遠くの高校に行ったのかもとか
想像していましたが 考えても仕方ないので

数年ぶりに携帯電話にメールをしてみました
「新しい年賀ソフトにした 入れ忘れました」くらいの感じで返信が来た
いや、子どもやで忘れたらあかんでと思ったけど
ねぇ

というわけで
父の話に戻る

父のアル中 アル症はもう終わったに等しい
もう飲んでもない
旅行に行っても飲んでない
旅行の写真では お茶かウーロン茶になってる
父の兄弟の前でも「飲まない宣言」していたんで
それは大丈夫
よっぽど 痛風で辛い思いをしたんだろう

今は「肺がん」だ
2年前に発症した肺癌(腺がん)は
毎月の検査で 「大丈夫ですよ」と言われるづけてきた

しかし
2016年夏ごろに 声が出にくくなって
再度精密検査PET MRIなどを受けてみると
2.5センチほどのがんが 見つかった

前回のものはほぼなくなっていたのに
裏側に 新しくできていたらしい

血液検査でもわからなかったのかな

また抗がん剤との戦いが始まる
2016年12月から ほぼ毎月 しばらく通うことになる
2回目という精神的負担金銭的負担 大丈夫かなとは思うけどね

何やかんやでまた お金を貸すことになるんだけど
( ´ー`)フゥー...

お金の切れ目が命の切れ目らしいよ
お薬が高いんだってさ
何とかならんのかなぁ

痛みはあってもまだロキソニンでOKらしい
モルヒネになったら
あきらめないといけないかも

今は通院で治療することになったので
安心といえば安心だけど
声が出にくいのは 難儀だな

ともかく
肺の病気です
お正月には オロナミンC渡しました
次回は3月だな

それより たばこ やめればいいのにね

(*´∇`)ノシ





アル症さんのお話ではなくなってしまったけど
何かしら参考になりましたら
拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
誰が押したかはわからないですから
サクサクとどうぞ


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

[2017/01/03 18:53] | 肺の話 | コメント(0) | page top
| ホーム |
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。