スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
隠れて飲む

父は今日も

隠して買ってきた

チューハイを飲んでいるんだろう


飲んだ後しばらくたったら

必ず

生あくびをする


これでわかるんだが

本人は気が付いていないらしい


そして

寝言は

まるで誰かと話をしているかのように


延々と

しゃべり続ける


そして

夜中であろうと

明け方であろうと 歌う


そう、かまってちゃんが

発動するんです


「めしはまだか」という

母がもって行っても

「こんなもん食えるか」

「もうええ」と大きい声で叫ぶ


早くいてなくなってくれればいいのに


自分では

依存症とは思っていないし

気付いてもいない


また、それらしき話を

こちらからすると

聞かない



チューハイを飲むと2日酔いを越して

3日酔いになるのは

目に見えている


明らかに

酒に弱くなっているのに


飲み続ける神経がわからない


今日も耳栓が必要だ・・・


ただただ

近所迷惑にならないかだけが

心配だ


はぁ

いくら依存症は病気だと言っても

本人が

病院に行かなければ

病気だと認めてもらえない


早くいてなくなってくれればいいのに


飲んでいなければ

まともなんだろうけど

飲んでしまうと豹変する感じだ


前に書いた日記のように

お皿を投げることは

もうなくなったけれど・・・


人に迷惑がかかっていることは

全く  わかっていない

大馬鹿野郎です


あの生あくびを聞くと

ため息が出るし


夜中に声を聴くと

頭が痛くなります


疲れるわ



*今日の日記につなげるための

 プロローグは

 もうちょっとかかりそうです


でもこれは実際今のお話(´;ω;´)


関連記事
スポンサーサイト
[2012/04/14 23:18] | アル依存の父 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<プロローグ~どうしてこうなった6 | ホーム | プロローグ~どうしてこうなった5>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bookends22.blog.fc2.com/tb.php/6-10451ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。